爪のお手入れ

キレイな爪を保つ秘訣

 

【1】しっかり洗浄
まずは しっかり洗いましょう。
汚れを落としておくと、マッサージやクリームの効果もあがります。

 

【2】正しい爪切り

爪切りで爪を切るという行為は、爪自体にかなりの負担がかかります。
極力、負担のかからないように爪の端から少しづつ切っていきましょう。

皮膚が1~2mm見える長さで角を残し、横にまっすぐに切りましょう。
・爪が長すぎるとぶつかったり圧迫によって巻き爪や変形爪になる可能性があります。また 爪が短すぎ(深爪)も陥入爪の原因となるので適度な長さが必要です。

~ 仕上げのネイルファイルの使い方 ~

ファイルを軽く持ち、爪切りで切った断面を一定方向に削りましょう。残した爪の角を丸めましょう。

~ 爪を切るのに適したタイミング ~

爪が伸びる速さは1日約0.1mmと言われています。
年齢と共に伸びる速さは遅くなりますが2~3週間で2~3mmに達します。15~20日に1回は爪を切り安全な状態を保てるようにしましょう。お風呂上りに切るのが爪も柔らかくなっているので、おすすめです。

【3】保湿
爪が乾燥すると縦線が入るようになり、縦割れや二枚爪、皮膚のささくれが出来るなどの原因となります。ネイルオイルやハンドクリームを爪や周りの皮膚に塗り浸透させることで美しい爪を育てます。

【4】マッサージ

オイルやクリームを塗布しながらマッサージすることで効果も高まり美しい爪を育てます。
毎日のケアが綺麗な爪を育てます。ぜひお試しください♪

 

巻き爪予防のポイント★

  • 正しい靴のサイズを選ぶ(甲とかかとが合っていて足指が自由に動く)
  • ヒールは3cm以内で先の丸いものを選ぶ
  • 着圧のストッキングや、きつい靴下は避ける

体質や遺伝的なもの、スポーツによる外傷など、さまざまな原因がありますので、あまり神経質になる必要もありませんが、定期的な爪チェックとケアをして健康な爪を保ちましょう。

 


爪のことで気になることがありましたら、どうぞ
気軽にご相談下さい。